子供の便秘でお悩みのママへTOP >

子供の便秘でお悩みのママへリンク集◆3

おなかマート

朝からどっさりトイレ習慣「おなかマート」! 1日99円からのプロバイオティクス! 便秘解消サイクル「善玉菌とる→善玉菌増やす→善玉菌働く」の健康食品販売! 腸内環境改善・便秘解消の5大原則! 善玉菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンC 善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)をとる。 善玉菌を(オリゴ糖・食物繊維)で増やす。(オリゴ糖・食物繊維)は善玉菌のエネルギー源! マグネシウム・ビタミンCが腸のぜん動運動を刺激する! 善玉菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンC・全てが揃っている健康食品の通信販売。 商品は3つ! おなかマートの商品は、プロバイオティクスの考え方に則して商品企画を致しております。 プロバイオティクスの主な考え方は、以下の3つとなります。 生きている体に有益な善玉菌を摂取する 胃酸などに負けない善玉菌を腸へ届ける 腸に届いた善玉菌を腸の中で育てる おなかマートでは上記プロバイオティクスの考え方にのっとり 胃酸に負けないで腸まで届く強い善玉菌で生きている菌を原料に採用しています。

高齢者 老人 便秘

便秘は高齢者でよくみられる症状のひとつです。65歳以上の高齢者の約半数は便秘あるいは下剤を使用していると言われています。年を重ねるにつれ排泄に必要な筋力の低下や、腸の筋肉も低下するため、蠕動運動でウンチを移動させようにも若い人達のようにスムーズにはいかなくなります。そうなると、便の移動が遅くなってしまいますから便に含まれている水分がどんどん腸に吸収され、カチカチの硬い便となり排便を困難にさせてしまうのです。 高齢者は運動不足のために筋肉が衰えてきて腹筋が弱くなり、腸のぜんどう運動の能力も落ちてきますので便を送り出す力も弱くなってきて便秘になりやすくなります。喜びの声:85才の超高齢でも便秘から開放されました。世の老人に教えてあげたい。

赤ちゃん 便秘

便秘体質は、赤ちゃんにも遺伝するの?「便秘体質」というものがあって、それが遺伝するわけではありませんが、腸の長さなどが親子で似て、それが便秘に関係する場合も。成長すると、子どもの食事内容や生活習慣は親の影響を大きく受けるので、親子とも、便秘しやすい環境にいるケースは考えられます。 顔を真っ赤にしていきんでいても、中々排便できなかったり、硬い便をして肛門が切れるようであれば便秘になります。生後半年くらいの赤ちゃんは、どうしても排便がへたくそです。腸の運動が活発になる、お腹に力を入れる、肛門を緩めるという一連の動作がうまくできないためです。 主人と大喜び!1歳半の娘の頑固な便秘が!

腸内環境 改善 サプリ

正常な腸内環境を維持することは軽度の機能性便秘の予防だけでなく、病気の予防などにもとても重要です。まずは、簡単ですぐにできる腸内環境チェックを行って、日々の生活習慣を見直し、自分の腸のことを考えてみましょう。大便の約1/3は細菌で占められています。この腸内細菌には体にとって有益な善玉菌と、発ガン促進物質や成人病などの健康障害をおこすような毒素をだす悪玉菌とがあります。健康で長生きするためには常に食生活や排泄異常に注意し善玉菌優勢に保つよう心掛ける事が大切です。小腸は十二指腸、空腸、回腸からなり、粘膜に多数の横ひだと繊毛があって、送られてきた栄養成分を消化吸収し、蠕動運動などによって食物を大腸に送り出すはたらきを担っています。大腸は盲腸、結腸、直腸に大別され、水分や栄養成分を吸収し、残渣(糞便)を下方に輸送する働きをします。 腸内環境改善法 腸内環境を改善するにはプロバイオティクスとプレバイオティクス善玉菌の摂取(プロバイオティクス)乳酸菌やビフィズス菌などひとの体に有益な善玉菌の接種を常日頃心がけることが大切です。善玉菌を増やす。(プレバイオティクス)腸内の善玉菌が増える環境をつくることが大切です。善玉菌は大体接種の段階で胃などで減り大腸まで届きます。せっかく届いた善玉菌も3週間くらいで体外に排出されると言われています。そのためには、善玉菌のエサ(エネルギー源)の接種と環境作りが大切になります 腸内の善玉菌を増やすことは、癌や老化の予防に有効です。癌治療においても、善玉菌を増やして腸内環境を良くすれば、癌に対する抵抗力や治癒力を高めることができます。ここで大切なことは、ヨーグルトをいくら摂取しても腸にすんでいる善玉菌を増やすことはできないという点です。ヨーグルトの乳酸菌は、胃酸で殺されるからです。たとえ腸にたどりついても腸内で定着することはできません。腸内にもともと棲み着いている善玉菌を増やすことがポイントです。

プロバイオティクス 食品

「プロバイオティクス」とよく似た言葉ですが、「プレバイオティクス」という言葉も使われています。これは、「プロバイオティクス」の好物で餌と言えるもの。例えば、オリゴ糖は、消化されずに腸に届き、ビフィズス菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にして、悪玉菌を抑えます。フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖などが商品化され、特定保健用食品に認可されているものもあります。乳酸菌は、プロバイオティクスの中の代表的な菌種のことです。乳酸菌は、腸の中で糖分を分解してエネルギーに変え、乳酸を作り出す細菌の総称です。腸にとっては善玉菌として働きます。乳酸発酵食品を積極的に食べましょう乳酸菌は繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作り、これを乳酸発酵と呼びます。乳酸による発酵食品というとヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますね。最近は、ラクトバチルスG21株(LG21菌)、ラクトバチルス・ジョンソニ株(LC1菌)、ビフィズス菌ヤクルト株(B.ブレーべ・ヤクルト株)など、「プロバイオティクス」をキャッチフレーズにPRしている乳酸菌飲料やヨーグルト等も販売されています。TVなどでも取り上げられているので、よくご存じですよね。


Copyright © 子供の便秘でお悩みのママへリンク集3 All rights reserved